鳥取市移住・交流情報ガーデン
>
ブログ

移住定住コンシェルジュがお伝えします

12月 鳥取ふるさとUI(友愛)会  初めての楽しい手話

 今日は移住者の方のグループ鳥取ふるさとUI(友愛)さん主催の手話講習会です。講師に若林さゆり先生をお迎えし、楽しい手話の時間を過ごしました。

小学生から65歳の男性まで幅広い年齢の生徒さんと先生の楽しく、和やかな手話講習会でした。若林先生から、名前の自己紹介、数字、指文字、挨拶などの手話を教えていただき、最後は「ふるさと」を手話で合唱しました。

感想で小学生の男の子が、大切なのは、「手話を勉強する気持ち」と答え、大人全員が優しい気持ちに包まれました。

 

 

   
指文字! 手がつりそう   数字が‥ むずい   子供は覚えるの早い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月 すごい!鳥取市!ワーホリ!コーナー登場

 

ガーデン内に新コーナーができました。

その名も「すごい!鳥取市!ワーホリ!」コーナーです。

全9回が終了し、総勢14名が参加され

ました。

鳥取市で、貴重な体験と沢山のブラザーとシスターを作り、笑顔で帰られました。(帰る時は、涙・涙・涙)

最年少4歳の坊やもストレスOFF保証プランでパラグライダー体験できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

11月 松葉がに漁解禁!!

 

山陰の冬の味覚「松葉がに」と「親がに」の漁が解禁しました。(*^。^*)

鳥取の台所賀露港には、連日かにを満載に積んだ船が帰ってきます。

 

これが松葉がにの親!「親がに」です。

漁の期間が短く、年内一杯しか取れない希少なかにです。

身体は小さいかにですが、味は王様で

外子、内子も美味で、鳥取では味噌汁や

かにご飯にして食べます。松葉がにに比べると価格が低く、食卓に登場する回数が多いです。

 

 

 

そして、これが子の「松葉がに」です。親よりかなり大きいかに!!

値段も最高級になると〇万円(+o+)

年に何度もは食べれません。

鳥取のお正月には欠かせない一品ですな。(汗)

この時期に鳥取の味をぜひ味わいに来てくださいね!!

 

 

11月 すごい!鳥取市ワーホリ!あああああああああああああああああああ    わたし、巫女になる!リアルみそぎプラン

 

ワーホリ体験報告!!

吉岡温泉の足湯で悲鳴を上げるお二人が、

巫女体験されました。

場所は「因幡国一の宮 宇倍神社」です。

さてさてどんな体験になったのか?

巫女体験の前に、鳥取市観光を楽しんで。

 

 

   
鳥取の台所、賀露で腹ごしらえです。   食後に砂丘!!   3時のおやつは砂の美術館!

いよいよ巫女体験が始まります。笑っていられるのもここまで…(-.-)

 

   

宇倍神社到着!!

すごい!パワーを感じる!!

  結婚式に遭遇、幸先よし!  

宇倍神社禰宜さんへご挨拶

宜しくお願いいたします。

   

入手水舎の水で心身を清めます。

 

  神様にご挨拶、宜しくお願いいたします。  

大きな声で、祝詞をあげます。

正座が辛い(T_T)

 

まだまだ続く巫女体験。

 

   
お守り、ご朱印、お札などの受付。   少し早い、七五三参りの介添え。  

祝詞の間。

やっぱり正座(痛)。

 

さまざまな巫女体験、時にはしびれが切れて立てなくても笑顔で乗り越えられました。

 

2泊3日のわたし、巫女になる!リアルみそぎプランをかつての神話の舞台、そして現代の縁結びの里…そんな鳥取市の神社で皆さんも体験してみませんか?お待ちしております。

 

 

 

  

 

11月 1コイン 味めぐり 鳥取市遷喬地区まちづくり協議会

 

 

11月1日から15日まで期間限定の「1コイン味めぐり」が始まりました。

今年で7回目です。

お昼限定のチョーお得品です。

普段は、忘新年会等で使われる鳥取市でも老舗店が参加されてます。

ガーデングルメ隊員高木が報告いたします。

今回は、11番滋味料理やぶきんさん

です。海鮮丼(通常価格930円)に挑戦しました。

 

 

 

 

お魚は、マグロとサーモン、白いか、たこ、海老、飛びっこです。

甘めのたれをかけて食べます。

なんと!!お味噌汁はしじみでした。

うみゃー!(^^)!鳥取の味まんさいです。 これに珈琲までついて500円。

ごちそうさまでした。<(_ _)>

 

 

 

●過去のブログはこちらをご覧ください。

 

2017年10月 

2017年1月~9月 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ